近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視の通電治療〜目に微弱な電気を流す

近視の通電治療〜目に微弱な電気を流す

眼科の通電治療が、ひそかな人気をよんでいるようです。

眼科の通電治療は、通電療法ともいいますが、簡単にいうと目に電気を流すことによって、近視を回復させる眼科治療です。

眼科の通電治療では、患者さんがアース棒を湿った手でにぎって、あとはそのままでいれば、電極棒を使って近視を治療してくれます。

2本の電極棒を目の周りのツボに沿って、周回させます。
目に直接当てるわけではありません。目のまわりに当てるのです。

眼科の通電治療は、1回1000円とか、1500円程度です。
これは毎日通うわけではなく、1週間に1回とか、2週間に1回とかのペースです。スポーツ選手のなかにはワンシーズンに1回というペースの人もいるようです。

しかし、個人的な感想としては、毎日行なわないと効果が弱い気がします。これなら、超音波治療器ソニマックを購入して、自宅で好きなだけ、超音波を目に当てたほうがいいような気もします。

さて近視の通電治療は、体に水分が多い子供のほうが有利であるといわれています。電気が流れやすくなるので、当然ですね。

かといって子供がすべて視力改善するかというと、まったくよくならない子供もいるようです。その反対に、水分が少ない年配の人の視力がアップすることもあります。

近視の通電治療は、毎回1000円以上かかりますし、通うのをやめたら、視力回復センターのように、そのあと急激に視力低下して元に戻ってしまうことでしょう。つまり一生通い続けてこそ意味があるのです。

それなら、最初から自宅で好きなときにできる視力回復トレーニングに取り組んだほうが早いと思います。もし、自宅でできる近視回復トレーニングによって、近視が治るとしたら、やらないのはもったいないでしょう。

近視の視力回復の方法一覧