近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視回復手術とは?〜レーシック、PRK、ラセックなど

近視回復手術とは?〜レーシック、PRK、ラセックなど

近視回復手術が注目を集めています。

一昔前は、近視を矯正する方法は、メガネやコンタクトレンズしかありませんでした。それが近視を治すことができるようになったのですから、医療の進歩には驚くべきものがあります。

近視回復手術といいますが、実際は視力が回復するわけではありません。眼球の形は伸びたままであり、軸性近視であるからです。正確には視力の矯正、あるいは近視矯正手術です。

近視回復手術といえば、レーシック手術が有名ですね。だれでも知っていると思います。しかしレーシックは、レーザー近視手術のなかの、ひとつです。まだほかにも、たくさんあります。

まず近視回復手術はふたつに分類できます。
ひとつはレーシックなどの、レーザーを角膜に照射することによって、視力を矯正するレーザー治療。レーシック、PRK手術、ラセック(ラゼック)手術があります。

もうひとつは、レンズなどを目のなかに埋め込む近視回復手術。こちらのタイプは埋め込んだレンズを取り出せば、元の目の状態に戻すことができます。これには角膜内リング、角膜内レンズ、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)があります。

これらの近視回復手術のなかで、痛みがなく、術後すぐに視力が回復する治療法は、レーシック手術です。ここに人気の秘密があります。ほかの視力回復手術は、術後痛みがあったり、しばらくはよく見えず、入院を必要としたりします。

しかしレーシック手術によるレーザー治療は、すぐによく見えるようになるので、忙しいビジネスパーソンに人気があるのです。たとえば週末にレーシック手術を受けて、月曜から出勤することも可能です。日帰りできるところが大きな魅力でしょう。

ただし翌日に眼科の診察があるので、遠くから来ている人は、レーシックのクリニックの近くにホテルを予約しておく必要があります。

近視回復手術は、メガネやコンタクトレンズと同様の原理で、あくまで視力の矯正ですから、眼病に注意しなければなりません。

つまり眼球が伸びている軸性近視であることがほとんどなので、網膜が薄くなっており、網膜剥離の危険があります。そのほか白内障や緑内障、黄斑変性症の危険もあります。

結局、近視回復手術をうけたからといっても、眼病の脅威は去らないわけです。手術後に快適な視力を維持し続けるためには、背面下で目のメンテナンスが必要なわけですね。

近視回復手術をうけたからといって、長時間近くを見て目を酷使していれば、また視力は低下していきます。つまりレーシック手術後にも、不断の戦いがあるのです。目の酷使は避けられない時代ですから、視力回復トレーニングが欠かせないということですね。

それなら最初から視力回復トレーニングに励んだほうが、懸命な選択のような気がします。もし近視回復トレーニングをやってみて、視力が改善するなら、リスクをともなうレーシック手術をうけなくてすみます。高額な費用もかからないわけです。

近視の視力回復の方法一覧