近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視矯正レーシックとは?〜レーザー角膜矯正手術

近視矯正レーシックとは?〜レーザー角膜矯正手術

近視矯正レーシック手術は、アメリカではじまり、日本でも徐々に浸透してきて人気を博しています。

スポーツ選手でも、たとえばゴルフのタイガーウッズ選手や野球の松坂大輔選手が近視矯正レーシックをうけたことで知られています。芸能人でも、レーシックを受けたら話題になりますね。それほど日本人は近視治療に関心があるのです。

なぜこれほどニュースで報道されるかというと、まだ近視矯正レーシック手術が真新しく感じるからでしょう。またレーシックの後遺症や合併症に不安があるため、成功者に興味があるともいえます。

近視矯正レーシック手術は、術後すぐに視力回復する近視治療として知られています。ほかのレーザー角膜矯正手術たとえばPRK手術やラセック(ラゼックとも)手術では、しばらくは視力がでません。かなりの痛みがあるとも聞きます。

しかしレーシック手術では、すぐに視力が回復するし、痛みもありません。このへんが近視矯正レーシック手術の人気の秘密といえるでしょう。

レーシック手術は、現在イントラレース・フェムト・セカンドレーザーを使ってフラップ作成を行なうイントラレーシックが主流になっています。これは従来のマイクロケラトームというカンナ状の器具をつかったものと比べ高性能であり、格段にレーシックの後遺症・合併症が減っています。

さらにアイレーシックとかZレーシックというものまで登場しており、すべてコンピュータ制御を実現するまでになっています。

近視矯正レーシック手術ですぐに視力が回復し、痛みもないのは、一旦フラップを作成するからです。また、そのフラップが厚くて丈夫なためです。

レーシック手術ではフラップを作成してめくり、エキシマレーザーを照射して角膜中央部を削り取り蒸散させます。これで角膜を凹レンズ化しているわけですね。その後、ふたたびフラップを元の位置に戻します。だから目が沁みることなく、痛みがないわけです。

またフラップが厚いということは、光学的に安定することを意味します。ただしこのことは、強度の近視は適応できないというデメリットでもあるわけです。

近視矯正レーシックでは、フラップが厚いため、視力0.01というような最強度の近視・近眼の人は、完全に視力を矯正できません。

強度の近視の場合は、PRK手術やラセック、エピレーシック手術などのレーザー治療がいいでしょう。あるいは内眼手術であるフェイキックIOLがいいでしょう。

近視矯正レーシックは、費用が高いというデメリットがあります。またレーシックの後遺症や合併症も心配されるところです。たとえば術後にしばらくぼやけたり、遠視が強くなったりします。

夜間視力が低下したり、光がぎらついたり、にじんだりもします。レーシックではフラップ作成時に目の神経を切断するため、涙の出が悪くなってドライアイの症状を覚悟しなければなりません。

そのほかにも、いろいろなレーシックの合併症が存在しています。やはりレーシックはリスクと隣り合わせです。できることなら、自宅で視力回復トレーニングをして、それで近視が治るのならすばらしいと思います。

近視の視力回復の方法一覧