近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視回復トレーニングの方法〜眼筋訓練で目を鍛える

近視回復トレーニングの方法〜眼筋訓練で目を鍛える

近視回復トレーニングの方法を解説します。

近視がよくなる方法には、眼科の通電治療やレーシック手術もありますが、ここではそういった方法以外に、近視を回復させる方法をご紹介します。

レーシック手術は、メガネやコンタクトレンズと同じ原理であり、厳密には目がよくなるとはいえないからです。つまり近視を治す方法とは、自分の目の筋肉の柔軟性を再度取り戻すことです。

目はじつは筋肉が多くあります。
まず目のまわりには外眼筋が6本取り巻いています。左右の目で12本ですね。眼球は筋肉に取り巻かれているわけです。もしこの外眼筋が同時に緊張を起こすとしたら、眼球が変形することは十分考えられます。

近視回復トレーニングのひとつに、この外眼筋を鍛える眼筋トレーニングがあります。これは目を速く動かすことによって、外眼筋を鍛えようというものです。近視は外眼筋が弱っているといわれています。体でも使わないと衰弱しますね。

眼筋トレーニングでは、視点移動を行なったり、対象から目を離さずに、ずっと追っていくという2種類があります。前者を跳躍性眼球運動、後者を追従性眼球運動といいます。スポーツビジョンの世界では2種類の動体視力として知られています。

速読教室では、目を高速で動かして読書します。
すると近視が回復していくそうです。これなども、知らずうちに眼筋トレーニングになっているわけですね。

このほかに毛様体筋をきたえる近視回復トレーニングがあります。仮性近視や初期の近眼は、毛様体筋の緊張が視力低下の原因のうち多くの比重をしめているので、この視力訓練法は有効です。

眼球が伸びている軸性の強度の近視には、あまり効果は期待できないかもしれませんが、目の疲れをとることはできます。眼精疲労の予防・解消にはなるわけです。

毛様体筋のトレーニングは、簡単です。
目の前に指を立て、その先を3秒くらい見たら、次に壁の文字に視点移動します。前述した視点移動は、横(平面)の移動でしたが、今度はたて(立体)の移動なわけです。この移動を繰り返します。3秒ずつ見比べるのです。

こうすることによって、仮性近視や屈折性近視では、毛様体筋のコリをほぐすことができるので、近視を治すことが期待できます。

今まで無料でできる視力回復トレーニングの方法をご紹介してきました。このほかにピンホールメガネや温まるアイマスクといった視力回復グッズや、視力回復の機械、器具を使用してもいいです。超音波治療器ソニマックは、目の血行をよくします。

自宅で無料でできる近視回復トレーニングと、こういった視力のグッズや機械を併用することによって、相乗効果が期待できます。

そのほかもし視力回復の専門家の指導を受けたいのなら、視力回復センターに通うということも考えられます。これを自宅で可能にしたのが、視力回復のマニュアルです。メールで質問ができるので、孤独感がやわらぎ、自宅での近視回復トレーニングを持続しやすくなります。

近視の視力回復の方法一覧