近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視と眼科の関係とは?〜目薬やメガネ、コンタクトレンズ

近視と眼科の関係とは?〜目薬やメガネ、コンタクトレンズ

近視と眼科との関係は、どうなっているのでしょうか?

まず眼科では、近視は目の病気とみなされていません。メガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具で視力矯正して、視力1.0以上がでれば、正常な目であるとみなすのです。

近視・遠視・乱視は、眼科では屈折異常といいます。
これは単に屈折上の異常というだけで、眼球の器質的な異常ではないので、眼科医はこれを治療しようと考えないわけですね。目医者は、眼病、目の病気を治す専門家なのです。

しかし先進的な考え方をもった心ある眼科専門医のなかには、この点に疑問を持って、独自の視力回復トレーニング方法を患者さんたちに指導している人もいます。

眼科では、このように近視・近眼と診断しても、とくに視力回復しようとせずに、メガネやコンタクトレンズを処方して視力矯正してよし、とします。

そのため仮性近視になった子供を連れて行ったとき、眼科医がめがねを与えようとしたときは、注意しましょう。仮性近視の段階なら視力回復センターに通ったり、本屋で3Dのマジカルアイといった視力回復の本を買って読んだほうがためになります。

あるいは、視力回復機や超音波治療器ソニマックなどもインターネット上で販売されていますね。こいった視力回復の機械は、仮性近視には有効だと思います。

眼科医によっては、仮性近視とわかると、ミドリンやサンドールといった散瞳薬を処方する目医者もいます。これは目の瞳孔を開くための目薬を点眼するための治療法です。もともとは、眼底を検査するときに、瞳孔を大きく開くためのもの。

しかしミドリンなどの点眼薬をさすと、遠近調節をコントロールしている毛様体筋の緊張が解けて、弛緩・リラックスするために、眼科では仮性近視の治療法として利用しているのです。

でも散瞳薬を点眼したからといって、子供の近視は視力回復するとは、かぎりません。近視を眼科で治そうとは、あまり期待しないほうがいいでしょう。

ただし唯一の例外があります。
それは全国でも、ごくわずかの眼科で近視の治療を行なっているということです。それは前述したように、独自の近視回復訓練の理論をもっていて患者さんに指導している以外に、眼科の通電治療というものがあります。

眼科の通電療法は、近視を眼科で治す場合に有効な方法です。これは目に微弱な電気・電流を流すことによって、毛様体筋のコリをほぐそうというもの。仮性近視や屈折性近視に効果的です。

通電治療は、近視の眼科療法としても実施されていますが、眼精疲労外来としても行なわれています。目の疲れも、電気を流せば解消できるわけですね。

結局は、近視を眼科頼みにすると、メガネを処方されることが多いので、気をつけるべきでしょう。子供の視力低下のスピードは、大人の3倍以上ですから、眼鏡をかけてしまうと、視力低下の進行はあっという間です。

近視の視力回復の方法一覧