近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視コンタクトレンズで視力矯正!

近視コンタクトレンズで視力矯正!

近視コンタクトレンズは、メガネと違って容姿を気にせず、快適に視力を矯正することができます。

強度の近視になると、メガネレンズのはしが分厚くなって、かなり容姿に影響します。またレンズのはしのほうでは像がゆがんでしまって、ものを見づらくなります。また不同視(がちゃ目)の場合、メガネの視力矯正には限界があるでしょう。

この点、近視コンタクトレンズなら、角膜の上に涙を介してレンズを装着するので、目が悪いということを気づかれることがありません。またレンズと角膜はほとんど接しているために、像がゆがむ心配もないのです。

不同視の場合も、左右のコンタクトレンズの度を変えれば済むことです。

近視コンタクトレンズは、近視用眼鏡と同様に、中央部が薄く、周囲に行くほど厚みをもっています。これによって凹レンズの作用を目に与えているわけですね。

近視コンタクトは、便利で快適なものですが、じつは目にとっては快適ではなく、邪魔者といってもいいでしょう。

角膜にうえにレンズをおくことは、あいだに涙があるとはいっても、まったく接しないわけではありません。涙が少なくなると、角膜とレンズがこすれて、角膜に傷をつけてしまうこともあるでしょう。

そのほかには角膜は酸素中から涙を介して、酸素を受け取っていますが、近視コンタクトレンズは、その経路を邪魔することになります。

このため近視や遠視用のコンタクトには、酸素透過性というものがあるわけですが、それでも角膜は酸素不足になります。酸素透過性は高くできても、涙の交換率がぐんと減ってしまうということも原因のひとつです。

近視コンタクトには、ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズがあります。どちらにするかは、生活状況にもよりますし、好みといえるでしょう。ただハードコンタクトレンズのほうが目に障害を起こしづらいレンズです。ただし最初は装用感が悪く、慣れるまでに時間がかかります。またすぐに脱落しやすいというデメリットもあるので、スポーツ選手には向きません。

長期装用型のソフトレンズは、目の酸素不足がおきやすく、目に障害が発生しやすいレンズです。ただしソフトレンズの一種、使い捨てコンタクトレンズにすれば、かなり負担は軽減されます。

なぜなら使い捨てできるので、レンズの耐用性を考慮しなくていいですし、そのぶん酸素透過性を高めることができるからです。またレンズが汚れる前に捨てるので、目に汚れが付着しないという理由もあります。

以上のように眼科矯正器具としての近視コンタクトは、日中レンズをはめます。これが睡眠中にコンタクトをして、日中は裸眼ですごせるというオルソケラトロジーというものもあります。いずれを選ぶにせよ、一定時間は目にコンタクトレンズを装用する必要があるわけですね。

もしこういった近視コンタクトレンズのケアから開放されたいのなら、メガネにするか、レーシックなどのレーザー治療をうけるか、あるいは近視回復トレーニングをするかという選択肢になります。

視力回復トレーニングを自宅で行なうだけで、もし近視を治すことができれば、コンタクトレンズ代の出費もなくなりますし、いいですよね。しかもいざというときの地震や事故のときは、コンタクトレンズのケアをすることができないかもしれません。

時間のあるうちに、今のうちから視力回復トレーニングをしておいたほうがいいと思いますよ。それが将来の保険になるのです。

近視の視力回復の方法一覧