近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 小児の近視とは?〜幼児期の悪性近視の可能性も

小児の近視とは?〜幼児期の悪性近視の可能性も

小児の近視も珍しくなくなりました。

ふつう幼児期は遠視の状態であり、眼球はみじかくなっています。そういった遠視の目が成長とともに、眼球が長くなって、正常な目に成長していくのです。

子供の体は成長していって、一人前の体になっていきますが、目でも同様のことがいえます。子供の目と脳の両眼視機能が完成するのは、小学校に入学するあたりの6歳ごろであるといわれています。

小児の近視は、昔はさほどありませんでした。
しかし、今では幼稚園児から近視がはじまることも珍しくないようです。この時期は前述したように、本来は遠視であるはずです。

それがもうすでに近視であるということは、生活上に近視化を促進させる何かがあるということでしょう。もっとも考えられるのは、近くの見すぎです。

幼児期はまだ目が完成していません。
この時期に目を酷使すると、急激に小児の近視が進んでいくと考えられます。

おそらく小児の近視の背景には、家庭でゲーム機ばかりしているのでしょう。これでは近眼になって当たり前です。ゲームの時間を制限するなど、親がコントロールしなければなりません。

また子供の睡眠も大事です。
夜更かししていると、自律神経が乱れて、小児の近視を発症する可能性があります。

あるいはイギリスの研究で3歳くらいまでに、明るい照明のなかで寝ていると、眼球が急速に伸びて、将来近視になるという発表がありましたね。これはその後、否定もされましたが、実際、鶏は明るい照明のもとで育てると、成長が速く、眼球も伸びるそうです。

このほか遺伝により悪性近視(病的近視)である可能性もあります。これは生まれつきの近視で、深刻なものです。幼児期から眼軸が伸びて、かなりの強度の近視になります。目を少しぶつけただけでも、網膜が裂けて、網膜剥離になる危険があるので要注意です。

ちなみに、一度でも視力1.2とか1.5とか、目がいい時期があって、そこから視力が低下していった子供は、悪性近視ではありません。これは単純近視とか学校近視と呼ばれています。

小児の近視とともに、小児の遠視も深刻です。
学校の健康診断、つまり視力検診で視力が低くても、近視とはかぎらないのです。遠視であることもあります。

子供が遠視だと、近くも遠くもよく見えませんから、視力の発達を妨げられて弱視になります。不同視弱視は、深刻ですが、両目が遠視である屈折性弱視は、10歳までに発見すれば、治すことができます。

近視の原理と基礎知識一覧