近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視は失明するのか?〜眼病との関係

近視は失明するのか?〜眼病との関係

近視は失明してしまうのでしょうか?

視力0.1以下の人、まして視力0.01という強度の近視・近眼の人は心配になることでしょう。

結論から言えば、どんなに軸性近視が進行しても、失明することはありません。どこまでもぼやけるだけです。

ただ近視は失明しないとしても、ものの存在だけしかわからないという状態にはなるでしょう。突き詰めていくと、手もとの文字も見えなくなります。

片目だと手もとの文字は見えますが、両目で見ると、手元にさえ焦点が合わなくなるのです。これは寄り目の許容範囲を超えているからですね。

近視は失明しませんが、目の病気、つまり眼病といわれるものには、注意しなければなりません。近視の目は、眼病になりやすいといわれているからです。

たとえば軸性近視では網膜が引き伸ばされているため、薄く弱くなっていると考えられます。そうなると少し目をぶつけただけで網膜剥離になる危険があります。網膜裂孔でもそうでしょう。

あるいは網膜の中央部に異常が起きる「黄斑変性症」。正常な眼圧でも視野が欠ける「正常眼圧緑内障」。近視に発生しやすい「近視性の白内障」などなど。

近視は失明する心配はないといっても、こういった眼病経由でなら光を失うことはありえます。もし糖尿病にかかっているのなら糖尿病網膜症が心配されます。

糖尿病網膜症は緑内障とともに、自覚症状が非常に乏しい目の病気です。眼底出血をおこしても、網膜の中心部に光が届くうちは気づかないのです。

このように眼病経由での近視の失明をふせぐには、日ごろの目の手入れが必要です。目を使ったら、その場で目の疲れをとり、疲れ目を蓄積させないということが大事です。それには目のツボを指圧することです。あるいは緑黄色野菜を多く摂れば、眼病を確実に予防できるといわれています。

緑黄色野菜にはルテインという成分がふくまれているからです。ブルーベリーのアントシアニンもいいですね。柿の葉茶にはビタミンCが豊富に含有されています。こういった成分は、まちがいなく目の病気を予防しますし、改善もしますので、おすすめです。

それとともに視力回復トレーニングを開始することです。
マジカルアイなどの3Dの視力回復の本や、ピンホールメガネでもいいですが、こういった視力回復グッズや視力回復機では、なかなか効果が実感できないかもしれません。

そのときは視力回復のマニュアルを参考にしてみるのもいいかもしれません。インターネット上には、市販の本には書かれていない視力回復の秘訣、コツが書かれたマニュアルが販売されています。

視力回復の専門家が執筆しており、疑問点をメールで質問もできるので、おすすめです。

近視の原理と基礎知識一覧