近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 近視は治る?〜眼科医は否定的、でも可能性はある

近視は治る?〜眼科医は否定的、でも可能性はある

近視は治るものなのでしょうか?

日本では近視人口がどんどん増えています。
それに比例するように、メガネやコンタクトレンズの装用、レーシック手術をうけるなどの視力を矯正する人がふえています。

結論から言うと、近視は治るものです。ただし視力回復トレーニングを毎日、根気よく持続していくことが条件になります。

また近視回復トレーニングを続けた場合、すぐに視力回復する人もいますし、なかなか視力がアップしない人もいるでしょう。

まず仮性近視は治る症状です。
なぜなら本物の近視ではなく、単なる毛様体筋のこりが視力低下の原因だからです。そのために水晶体を薄くできずに遠くがぼやけているだけであって、眼球はまだ変形していないからです。

仮性近視の次は、真性近視になっていきます。
これは屈折性近視と軸性近視にわかれます。たんなる目の筋肉の緊張だけが原因ではなくなってくるわけですね。それでも近視は治るといえます。

なぜなら東京視力回復センターでは、多くの屈折性近視や軸性近視の人たちが通っていますが、みなさん近視を回復させています。それはもちろん、完全に視力1.5とか視力1.0に戻すことは難しいかもしれませんが、ある程度なら近視は治るものです。

一旦変形した眼球にしても、また元に戻る可能性は誰も否定できません。なぜなら目や脳に関しては、眼科医でもよくわかっていないからです。

近視が治るための確実な方法は、いろいろ近視回復訓練をくみあわせることです。たとえば3Dのマジカルアイなどの視力回復の本やピンホールメガネを使ってみる。あるいは超音波治療器ソニマックなどの視力回復の機械を購入する。そして無料でできる視力回復トレーニングを組み合わせてみるのです。そうすると相乗効果がが期待できます。あなただけの視力回復メニューの完成です。

子供の近視は治るものですし、早期発見が大事です。
今まで述べてきたように、近視は治るものですが、視力改善は大変な作業です。子供の仮性近視の段階でストップすることが、急激な視力低下を予防し、視力回復を高速で実現するもっとも確実な方法といえるでしょう。

近視の原理と基礎知識一覧