近視を治す方法ドットコム

近視を治すための視力回復トレーニングや訓練法、視力矯正法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復と近視の子供について〜仮性近視と進行

視力回復と近視の子供について〜仮性近視と進行

視力回復と近視の子供との関係について、見ていきたいと思います。

まず、仮性近視の段階で子供の近視を早期発見すれば、かならず視力は回復するといえます。

子供の仮性近視とは、毛様体筋という遠近調節をコントロールしている目の筋肉がうまく弛緩できずに、緊張しているだけです。そのため肩こりを解消するように、毛様体筋の緊張をとくことは、簡単なことなのです。

たとえ仮性近視でも子供は、とくに訴えませんから、気づくのは学校検診、つまり健康診断での視力検査というわけですね。でも視力0.9とか視力0.8くらいならと、親も安心してしまうと、大変なことになります。

子供の近視が回復する適切な時期は、やはり仮性近視の段階です。この段階であれば、前述したように単なる目の筋肉の緊張ですから、いくらでも視力改善できるのです。眼科でミドリンなどの目薬をもらうこともできます。

視力回復と近視の子供の関係でいえば、この仮性近視をすぎると、目がよくなる可能性はかなり低下していきます。

仮性近視はじつは近視ではなく、近視の一歩手前の警告の症状。これを通過すると、本物の真性近視となって、眼球の変形に突入していきます。これが屈折性近視です。いわゆる学校近視(単純近視)というものですね。

でも視力回復は、近視の子供にたいしても、まだ楽観視できます。子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上ですが、視力アップのスピードも同様に速いものです。

子供の近視回復は、屈折性近視に移行したとしても、おそいということはないのです。毛様体筋のトレーニングをして目を訓練すれば、子供の近視は回復していくものです。それは東京視力回復センターなどでも、多くの子供たちの目がよくなることでも、実証されています。

このように視力回復は近視の子供に有効です。
眼科の通電治療も効果があります。目に電気を流すことによって、毛様体筋の緊張を解くのです。オルソケラトロジーのレンズを装用していると、子供の近視化が抑制されるという報告もあります。

子供が仮性近視の段階では、子供の近視矯正は考えないほうがいいでしょう。しかし黒板が見えないとか、どうしても日常生活のなかで必要なら、作ってももちろんいいと思います。でも見える場面では、できるだけ眼鏡やコンタクトレンズを着用しないことです。

子供の目はまだ、やわらかく、柔軟性にとんでいます。子供の脳も発達途上にあり、いくらでもよく変わっていくことができます。

視力回復は近視の子供にこそ有効であり、巷の視力回復トレーニングは、子供の近視を回復していく力を秘めているといえます。

インターネット上で販売されている視力回復のマニュアルもおすすめです。子供の近視回復に多くたずさわってきた視力回復の専門家が執筆していますし、疑問点は質問できるので、心強いですよ。

近視の原理と基礎知識一覧